結構目立ってしまう首のしわの改善法|お手入れが大事

レディ

泡で優しく洗う

お尻

顔と同じように扱う

お尻が痛い、出来物があるといった場合はお尻にニキビができていることがあります。特に、何が原因なのかもわからないまま過ごしたり、誰かにどうなっているのか相談したくてもしづらいものです。お尻をアップさせたくて締め付けの強い下着を着用している場合、締め付けの範囲の広い下着に替えて、石鹸の泡でゴシゴシせずにきれいに洗うようになるとニキビなどはできにくくなることがあります。ただ、ショーツのゴムの部分がかゆいと思ったら吹き出物ができていたり、小さいニキビになったりすることもあります。ゴムはどうしても部分的な締め付けが強いと感じやすいので、ゴム部分がなくレースにして、やはり洗う時は泡で優しくするようにしてみると良いでしょう。お尻にニキビができたからといってゴシゴシと力を入れてしまいがちですが、お尻もデリケートなので顔を洗うのと同じようにすると効果が実感できます。実際に見えない場所なのでお尻は雑に洗ってしまいがちですが、ニキビができやすい人には特に意識して緩めの下着を着用して、優しく泡で洗っていただくと良いです。ニキビ用の薬を使って治すことも可能ですが、また落ち着いた時に新しくできていたら根本からの改善がおすすめです。弱酸性など肌に優しいボディソープを使用することで、ニキビ予防にも繋がっていくでしょう。また、乳液やクリームなどで保湿をすることもニキビ予防におすすめです。お尻のニキビをケアする化粧品も登場しているので、積極的に活用してみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加